会社案内

トップページ > 会社案内 > MBLの強み > 抗体開発技術

抗体開発技術

3つの強み

日本で最初の抗体メーカーとして設立されたMBLにとって、抗体作製技術は基幹技術であり、価値創造の源泉として3つの強みを持っています。コア‐コンピタンスをより一層強化するために、目的の性能を有する抗体を取得する難易度が高い抗体の作製や、高品質化といった抗体開発技術の高度化を継続的・連続的に行い、価値獲得へ結び付けています。
現在は、創業以来より積み重ねたすべての技術・ノウハウ・人財を集約した精鋭部隊を組織し、すべての事業に必要な抗体を創製しています。基礎研究用試薬や臨床検査薬の構成品だけでなく、社内で製造や品質検定に使用する抗体も独自に創製し、間接的な局面からも多面的に事業貢献しています。



1. 創業以来の豊富な経験とノウハウ


抗体製品数: 6,000品目以上
受託サービス実績数: 18年間で10,000件以上

当社は、1969年の創業以来、6,000品目以上の抗体製品を取り扱ってきた経験があります。これには自社開発品以外にも導入品も含まれていますが、開発、製造、品質管理、流通、販売などのサプライチェーンのみならず、多様な抗体の特性に関わる幅広いノウハウを保有しています。
また、抗体作製受託サービス事業を1998年に立ち上げ、2016年までの18年間、合計10,000件以上の顧客が要望する抗体の作製を実施してきました。現在は、これらの経験から生まれたノウハウのすべてを集約した精鋭部隊を整備し、製品開発などに注力しています。



2. 幅広い抗体開発技術と多様なニーズへの対応力


モノクローナル抗体動物種: 8種類
抗体関連の所有ライセンス数: 20以上

ファージディスプレイ技術人工リンパ節技術新規ヒトフュージョンパートナー細胞「SPYMEG」、MAGrahd技術、AI搭載エピトープ解析システム「MODELAGON™」など、これまでに多様な技術を開発・導入してきました。当社では、ハイブリドーマ法、ファージディスプレイ法、SPYMEG技術を3大技術として位置づけており、20以上の抗体関連のライセンスを所有しています(2020年7月1日現在;他社からの導入ライセンスを含む)。これにより多種多様な抗体を取得できる機動性を持つとともに、一般的な技術では困難な抗体も取得することを可能にしています。
また、当社では8種類の動物(ヒト、マウス、ラット、ウサギ、モルモット、ハムスター、ヒツジ、ニワトリ)でモノクローナル抗体の作製が可能です(特殊動物モノクローナル抗体作製技術)。 なかでも、モルモットのモノクローナル抗体製品は、当社が世界で初めて発売しています(Anti-NFIL3 (E4BP4) chimeric mAb)。
これらを背景に、基礎研究用試薬、臨床検査薬、医薬品シーズなど多角的に事業推進しており、多様な領域の固有ニーズにも柔軟に対応できる総合力を有しています。



3. 抗体医薬シーズが開発できるレベルの技術力


ライセンスアウト自社特許数: 6特許
開発実施対象分子数: 200分子以上

2003年に発表したオンコセラピーサイエンス株式会社との協業を皮切りに、受託や共同研究を通じて、200以上のターゲット分子に対する抗体医薬シーズの候補抗体を開発・提供してきました。
そのうち当社が開発権を有している項目のうち、6件の抗体医薬シーズ特許を国内外の製薬企業へ導出した実績があります(2020年7月1日現在)。これらには、当社の3大技術すべての成果が含まれています。最近では中国の医薬分野で最大手の国有企業であるSINOPHARMの子会社、中国生物技術股份有限公司(China National Biotec Group Co Ltd:CNBG)と、感染症4疾患の完全ヒトモノクローナル抗体に関するライセンス契約を締結し、抗体開発の難易度が最高峰の医薬品シーズを創製できる技術力を、製薬企業からも総合的に高い評価をいただいております。
プレスリリース「感染症4疾患の完全ヒトモノクローナル抗体に関するライセンス契約締結のお知らせ(2020年5月11日)」



中長期ビジョン 人々の健康と医療の発展に貢献するためにMBLができること

当社の企業理念中長期経営計画の下に、「抗体作製技術の革新」を実行します。

「標的抗原の枯渇問題」という言葉があるように、標的に結合する抗体は、すでに数多く市場に存在します。しかし、モノクローナル抗体は単クローンである特徴からそれぞれに独自性・特殊性を有しており、修飾特異的抗体や構造特異的抗体など、世の中には報告されていないユニークな性質や機能を持った抗体や、これまで以上に検出感度が高いなどといった価値の高いオンリーワンの抗体を創製できる可能性は多く残されています。
当社では、このような付加価値の高い抗体を効率的に開発するために、新規技術を探索・開発していくだけでなく、自動化・機械化などによるキャパシティや成功確率の更なる向上にも継続的・連続的に取り組み、革新的な技術や製品を創出することで事業貢献していきます。
また、革新的技術を基盤とした事業機会を多角的に探り、創薬支援事業の拡充などといった新規事業を通じて、人々の健康と医療の発展に貢献していきます。



当社の抗体技術に関するお問合せ




MBLの「抗体開発技術」についてもっと知る



MBLの強み

PCサイトを見る