会社案内

トップページ > 会社案内 > 事業活動紹介 > 事業領域

事業領域

MBLの事業活動と社会的価値



当社では研究開発、臨床性能試験、薬事申請、製造、販売まで一貫して自社で行うことで、臨床の先生方、KOLの先生方との信頼関係を密にし、スピーディーな製品化を可能にしています。

当社の事業領域

臨床検査薬事業

当社では、臨床検査で使用される体外診断用医薬品の内、主に免疫・血清学的検査試薬ならびに遺伝子検査試薬の研究開発、製造販売を行っています。
免疫・血清学的検査においては、自己免疫疾患検査・がん関連検査をメインとしており、長年の実績と経験を活かし、希少疾病や難病の臨床検査薬の開発にも積極的に取り組んでいます。
遺伝子検査においては、がんや感染症などの遺伝子検査試薬の開発にとどまらず、投薬効果を予測するためのコンパニオン診断薬を開発し、個別化医療に貢献しています。
その他、創薬支援、OEM供給、マテリアル供給、受託開発にも取り組んでいます。

ライフサイエンス・トランスレーショナル
リサーチ(LSTR)事業

臨床検査薬を指向したトランスレーショナルリサーチ(橋渡し研究)を事業領域とし、将来のシーズとなる基礎研究用試薬の開発・製品化・製造・販売・サポートを行っています。
当社の所有するユニークな疾患マーカー、創薬支援ツールやMHCテトラマー等の技術を提供し、研究機関や製薬企業と連携した製品開発および創薬支援に取り組んでいます。

※LSTRとは、臨床検査薬を指向した基礎研究用試薬開発、製品化を指しています。

創薬支援

豊富な体外診断用医薬品の開発経験を活かし、複数の製薬企業と連携してコンパニオン診断薬の開発を進めています。体外診断用医薬品の開発、製造から販売までの一貫した体制を有している点が当社の強みです。製薬企業の多様な要求に応えつつ、患者さんのより良い治療に寄与するコンパニオン診断薬を提供することで、人々の健康と安心な医療の実現に貢献します。

コンパニオン診断薬とは

近年、医薬品開発では、治療効果や副作用発現リスクを予測できる検査法の開発が求められるようになっています。コンパニオン診断薬とは、特定の医薬品を投与するか判断する際に用いる体外診断用医薬品です。コンパニオン診断薬を用いた検査により、治療効果が期待できる患者さんや重篤な副作用の発現リスクが高い患者さんを医薬品の投与前に特定することができます。このため、コンパニオン診断薬は、患者さんの特性に応じた最適な治療法を選択する個別化医療において重要な役割を果たしています。



PCサイトを見る