会社案内

トップページ > 企業理念と将来像、ごあいさつ

企業理念と将来像、ごあいさつ

企業理念

患者数の多い少ないにかかわらず、
医療に役立つ、新しい検査薬を創出します

MBLが目指す将来像

先端診断分野で存在感のある
グローバルニッチ企業として
価値を創出します

社長メッセージ

 ライフサイエンス業界では、画期的な免疫治療薬、ゲノム診断、AI診断機器、デジタル・ヘルスなど革新的な治療法や診断ツールが臨床応用され始めています。我が国でもiPS細胞を利用した、がん免疫療法の効果向上や新たなワクチン療法の技術開発などにより、精密医療領域で医療ニーズの高い治療法や検査が実用化されつつあります。先端の診断薬開発を担う企業グループとして、医療の質の向上と共に医療費の低減化に貢献していくことが、その使命と考えています。

 当社は1969年に日本初の抗体メーカーとして設立され、技術領域を免疫学から分子生物学、そしてエピゲノムへと拡大してきました。大学、研究機関及び他社と共同研究や提携を行い、自己免疫疾患、がん、婦人科領域、感染症を中心に、タンパク分子や遺伝子を対象とした臨床検査薬や基礎研究用試薬を提供しています。得意とする免疫技術、遺伝子検出技術を活用して、最近はバイオマーカー、コンパニオン診断薬、再生医療に関わる試薬の開発に注力しています。

 当社が販売する臨床検査薬は、診断だけでなく患者様の病状の進行予測や治療方針を判断する重要な役割を担っています。また、最適な治療法の選択に役立つ検査薬を開発・販売することで、当社が考える臨床検査の役割「患者様へ最適な治療を最適なタイミングで処方できる」の実現を目指し、医療の最適化へ貢献していきます。その役割に責任を持つべく、開発、承認取得、製造、販売、学術支援に至るまで製品の品質マネージメント体制の更なる充実に力を入れています。

 ライフサイエンス業界もイノベーションと市場規模の観点から、他の国・地域を席巻する中国と米国を見過ごすことはできません。JSR株式会社の連結子会社となりJSRライフサイエンス事業部と一体となって研究開発活動をより一層推進し、中国及び欧米の事業拡大に挑戦しています。

 多様化、深化しつつあるライフサイエンス業界において、「先端診断分野で存在感のあるグローバルニッチ企業として価値を創出する」を当社の将来像として社会に貢献していきたいと考えております。尚一層のご支援とご指導をお願い申し上げます。

2018年 8月

代表取締役社長 山田 公政

PCサイトを見る