会社案内

トップページ > 企業理念と将来像、ごあいさつ

企業理念と将来像、ごあいさつ

企業理念

患者数の多い少ないにかかわらず、
医療に役立つ、新しい検査薬を創出します

MBLが目指す将来像

先端診断分野で存在感のある
グローバルニッチ企業として
価値を創出します

社長メッセージ

当社は1969年に日本初の抗体メーカーとして設立されました。
アカデミアや企業との共同研究・提携によって、免疫学から分子生物学、そしてエピゲノム領域へと事業領域を広め、タンパク分子から遺伝子を測定対象とした自己免疫疾患、がん、婦人科領域、感染症などの臨床検査薬や基礎研究試薬(LSTR製品)を提供しています。
※ライフサイエンス・トランスレーショナルリサーチ(LSTR): 将来の臨床検査薬シーズの提供を目的として、アカデミアや製薬企業と連携し、疾病と関連した研究用試薬(LSTR製品)の開発に取り組んでいる事業です。


当社の事業領域

臨床検査薬事業では、自己免疫疾患検査薬において、従来のELISA製品群『MESACUP™』シリーズに加え、日本初の自己抗体の化学発光酵素免疫抗体法による全自動迅速機器『STACIA®』搭載試薬『MEBLux™』シリーズ、遺伝子検査薬においては、分子標的薬投与前検査に有用な製品『MEBGEN™ RASKET』を販売しています。婦人科領域検査薬においては、国産初の液状化細胞診システム『TACAS™』に加え、子宮頸がんの原因ウイルスとされるハイリスク型ヒトパピローマウイルスの検査試薬『MEBGEN™ HPVキット』を販売しています。

LSTR製品事業では、基礎研究を支える抗体製品群に加え、がん免疫療法で重要な役割を果たす抗原特異的T細胞の検出試薬である『MHCテトラマー』シリーズを販売しています。また、蛍光タンパク質関連製品では、分子標的薬の創薬において有用なツールとなる『Fluoppi』も発売しました。これらユニークなLSTR製品群は日本だけでなく、米国、欧州、中国でも販売が拡大しています。

これら主力事業に加えて受託事業として、他社への検査薬のOEM(委託者ブランド名製造)供給、各種動物由来のモノクローナル抗体作製、ゲノム解析、創薬支援などのサービスも提供しています。

中長期成長戦略について
今後、当社はバイオマーカー、コンパニオン診断薬、再生医療の研究開発にも注力していきます。個別化医療領域だけでなく、将来予想される病気を個の視点で医療、予防を行う「精密医療」や「先制医療」にも着目していきます。

臨床検査薬の製品供給体制においては、国内外の薬事規制に遵守した品質マネージメント体制を維持・向上させ、臨床検査薬をグローバルに供給できる開発、製造、品質管理、薬事申請、学術、及び販売体制を醸成しています。また、自己抗体検査薬の精度管理を毎年継続しており、当社製品の品質向上にも努めています。各種シンポジウムの開催、刊行物発行などの学術活動も積極的に実施しています。

当社は2015年10月にJSR の連結子会社となり、2016年4月1日からはJSRライフサイエンス事業部の一翼を担っています。多様化、深化しつつあるライフサイエンス業界において、JSRとの強固な連携により研究開発から海外販売に至るまで「先端診断分野で存在感のあるグローバルニッチ企業として価値を創出する」企業への成長を目指します。

PCサイトを見る