社員発表論文・学会発表 Publication and Conference presentation

トップページ > 社員発表論文・学会発表 Publication and Conference presentation


論文発表, 学会発表 で検索した結果

  • 1
  • 2
  • 3
  • 論文発表

    橋本礼輔、桑島明子、黒田慶子、小島和夫、島田英昭、「ステイシア MEBLuxTMテスト anti-p53」の基礎的検討、医学と薬学 Vol.75 No.8、2018年8月号

  • 学会発表

    渡邉一絵齋藤尚吾、塚原智英、鳥越俊彦、田路真悟.TCR-multimer: A new tool for the detection of HLA/peptide complex naturally presented on tumor cells. 第76回日本癌学会、2017

  • 学会発表

    増藺夕紀子、三崎亮、佐々木正大、小野健一郎、Pannamthip Pitaksajikul、Pongrama Ramasoota、生田和良、藤山和仁. 全血清型デングウイルスに対する組換えヒト型抗体の生産. 2013, 第26回日本動物細胞工学会2013年度大会 (JAACT2013)

  • 学会発表

    Ken Inoue, Takayoshi Matsubara, Chiemi Matsumi, Taku Watanabe, Fluoppi; a cell based assay harnessing intracellular phase transitions to visualize activities of protein protein interaction modulators (PPIMs), Drug Discovery Chemistry 2018

  • 学会発表

    渡部 拓、井上 健、深野 天、阪上(沢野) 朝子、久保田 美咲、黒川 裕、松見 千恵美、宮脇 敦史、Fluoppi; タンパク質間相互作用調整剤(PPIMs)の効果を可視化するセルベースアッセイ、第35回メディシナルケミストリーシンポジウム、2017

  • 論文発表

    Yoshida, S., Tamai, K., Umekawa, H., Suzuki, M. and Kojima, K. A Novel stimulating protein of mammalian DNA polymerase alpha. J. Biochem. Tokyo 106, 389-395: 1989

  • 論文発表

    Nishigaki, I., Ichinose, H., Tamai, K. and Nagatu, T. Purification of aromatic L-amino acid decarboxylase from bovine brain with a monoclonal antibody. Biochem. J. 252, 331-335: 1988

  • 論文発表

    Masaki, S., Tamai, K., Suzuki, R., Tanabe, K., Takahashi, T. and Yoshida, S. Characterization of a Mr=56,000 polypeptide associated with 10S DNA polymerase alpha purified from calf thymus using monoclonal antibody. Nucleic Acid Res. 13: 6635-6649, 1985

  • 論文発表

    高嶋良樹喜多祥一新井次郎蜂矢隆久. 血漿FDP測定試薬「ヘキサメイト P-FDP N」の基礎的検討. 医学と薬学 71: 2163-9, 2014

  • 論文発表

    二谷悦子. 液状化検体細胞診TACASによるHPV DNA検査の有用性-HPV DNA「キアゲン」HCⅡ専用検体採取キットとの比較-. 医学検査 63: 609-614, 2014

  • 1
  • 2
  • 3
PCサイトを見る