社員発表論文・学会発表 Publication and Conference presentation

トップページ > 社員発表論文・学会発表 Publication and Conference presentation


論文発表, 学会発表 で検索した結果

  • 1
  • 2
  • 3
  • 学会発表

    渡部 拓、Liqud-liquid phase separation を利用した、protein-protein interaction可視化法「Fluoppi」について、第8回スクリーニング学研究会、2017

  • 学会発表

    井上 健、松澤 峻、渡部 拓、Keima-Redによるマイトファジー活性モニタリング、日本ケミカルバイオロジー学会 第12回年会(ポスター発表)

  • 学会発表

    渡邉一絵齋藤尚吾、塚原智英、鳥越俊彦、田路真悟、HLA/ペプチド複合体を認識するTCRマルチマーの開発、第21回日本がん免疫学会、2017

  • 論文発表

    石井 裕子、笠島 里美、千葉 かおり、中西 香、川島 篤弘、古河 浩之、乳癌腫瘍マーカーBCA225測定試薬2種の比較検討、臨床病理 65:10、2017

  • 論文発表

    Hiroi S, Kuhara M, Kishi Y, Ono K, Matsuzawa S, Yamamoto N, Komano J. Human monoclonal antibodies neutralizing influenza virus A/H1N1pdm09 and seasonal A/H1N1 strains - Distinct Ig gene repertoires with a similar action mechanism. Immunobiology. 2017

    PMID:29107382

  • 論文発表

    守田 由香、喜多 祥一、新規FREELITE測定試薬「FREELITE-TIA2κチェーン」「FREELITE-TIA2λチェーン」の基礎性能、2017、医学と薬学 8月号

    関連製品:Code No. BS-LK016NDBS-LK018ND

  • 学会発表

    Wushouer Ouerkaxi、Tatiana Slepushkina、井上健渡部拓、Establishment of a cell line visualizing cMyc-Max interaction、Drug Discovery Chemistry 2017

    関連製品:Code No. AM-8011M

  • 学会発表

    中條智洋、井上健、松見千恵美、渡部拓、Fluoppi technology for visualizing PPIs in living cells; Case studies including 3 updated PPI pairs. Drug Discovery Chemistry 2017

    関連製品:Code No. AM-8011M, AM-8012M

  • 論文発表

    川 茂幸、伊藤 哲也、守田 由香喜多 祥一、新規IgGサブクラス測定試薬「IgGサブクラス BS-TIA3 IgG1」「IgGサブクラス BS-TIA3 IgG2」「IgGサブクラス BS-TIA3 IgG3」「IgGサブクラス BS-TIA3 IgG4」の基本性能とIgG4の臨床的有用性の検討、2017、医学と薬学 4月号

    関連製品:Code No. BS-NK006ND, BS-NK007ND, BS-LK008ND, BS-LK009ND

  • 学会発表

    松澤 峻、黒澤 信幸、磯部 正治、抗原特異的単一形質細胞由来抗体効率単離システムを用いた研究用試薬シーズ抗体の開発、2017、北陸ライフサイエンスクラスター推進協議会(ポスターセッション)

  • 1
  • 2
  • 3
PCサイトを見る