社員発表論文・学会発表 Publication and Conference presentation

トップページ > 社員発表論文・学会発表 Publication and Conference presentation


論文発表, 学会発表 で検索した結果

  • 1
  • 2
  • 3
  • 論文発表

    Hiroi S, Kuhara M, Kishi Y, Ono K, Matsuzawa S, Yamamoto N, Komano J. Human monoclonal antibodies neutralizing influenza virus A/H1N1pdm09 and seasonal A/H1N1 strains - Distinct Ig gene repertoires with a similar action mechanism. Immunobiology. 2017

    PMID:29107382

  • 論文発表

    守田 由香、喜多 祥一、新規FREELITE測定試薬「FREELITE-TIA2κチェーン」「FREELITE-TIA2λチェーン」の基礎性能、2017、医学と薬学 8月号

    関連製品:Code No. BS-LK016NDBS-LK018ND

  • 学会発表

    Wushouer Ouerkaxi、Tatiana Slepushkina、井上健渡部拓、Establishment of a cell line visualizing cMyc-Max interaction、Drug Discovery Chemistry 2017

    関連製品:Code No. AM-8011M

  • 学会発表

    中條智洋、井上健、松見千恵美、渡部拓、Fluoppi technology for visualizing PPIs in living cells; Case studies including 3 updated PPI pairs. Drug Discovery Chemistry 2017

    関連製品:Code No. AM-8011M, AM-8012M

  • 論文発表

    川 茂幸、伊藤 哲也、守田 由香喜多 祥一、新規IgGサブクラス測定試薬「IgGサブクラス BS-TIA3 IgG1」「IgGサブクラス BS-TIA3 IgG2」「IgGサブクラス BS-TIA3 IgG3」「IgGサブクラス BS-TIA3 IgG4」の基本性能とIgG4の臨床的有用性の検討、2017、医学と薬学 4月号

    関連製品:Code No. BS-NK006ND, BS-NK007ND, BS-LK008ND, BS-LK009ND

  • 学会発表

    松澤 峻、黒澤 信幸、磯部 正治、抗原特異的単一形質細胞由来抗体効率単離システムを用いた研究用試薬シーズ抗体の開発、2017、北陸ライフサイエンスクラスター推進協議会(ポスターセッション)

  • 論文発表

    Hozumi H, Fujisawa T, Enomoto N, Nakashima R, Enomoto Y, Suzuki Y, Kono M, Karayama M, Furuhashi K, Murakami A, Inui N, Nakamura Y, Mimori T, Suda T. Clinical Utility of YKL-40 in Polymyositis/dermatomyositis-associated Interstitial Lung Disease. J Rheumatol. 2017 Jul 15.

    PMID:28711881

    関連製品:Code No. CY-8088

  • 論文発表

    Sahoo A, Lee B, Boniface K, Seneschal J, Sahoo SK, Seki T, Wang C, Das S, Han X, Steppie M, Seal S, Taieb A, Perera RJ. MicroRNA-211 regulates oxidative phosphorylation and energy metabolism in human vitiligo. J Invest Dermatol. S0022-202X(17)31491-4. 2017

    PMID:28502800

  • 論文発表

    三浦宏弥、関本弘、米山こずえ、原田友未香、林聖子、二谷悦子、吉田朋美、小川晃、福田利夫.高崎市における子宮頸がん検診での液状化検体細胞診導入成果.日本臨床細胞学会誌 56(3):123-129,2017

  • 論文発表

    則松良明、林聖子髙田真未、中川健司、中橋徳文.子宮内膜細胞診における従来法とTACAS法での細胞所見の比較検討.医学検査 66(3):217-224,2017

  • 1
  • 2
  • 3
PCサイトを見る