社員発表論文・学会発表 Publication and Conference presentation

トップページ > 社員発表論文・学会発表 Publication and Conference presentation


論文発表, 学会発表 で検索した結果

  • 1
  • 2
  • 3
  • 論文発表

    守田 由香、喜多 祥一、新規FREELITE測定試薬「FREELITE-TIA2κチェーン」「FREELITE-TIA2λチェーン」の基礎性能、2017、医学と薬学 8月号

    関連製品:Code No. BS-LK016NDBS-LK018ND

  • 学会発表

    Wushouer Ouerkaxi、Tatiana Slepushkina、井上健渡部拓、Establishment of a cell line visualizing cMyc-Max interaction、Drug Discovery Chemistry 2017

    関連製品:Code No. AM-8011M

  • 学会発表

    中條智洋、井上健、松見千恵美、渡部拓、Fluoppi technology for visualizing PPIs in living cells; Case studies including 3 updated PPI pairs. Drug Discovery Chemistry 2017

    関連製品:Code No. AM-8011M, AM-8012M

  • 論文発表

    川 茂幸、伊藤 哲也、守田 由香喜多 祥一、新規IgGサブクラス測定試薬「IgGサブクラス BS-TIA3 IgG1」「IgGサブクラス BS-TIA3 IgG2」「IgGサブクラス BS-TIA3 IgG3」「IgGサブクラス BS-TIA3 IgG4」の基本性能とIgG4の臨床的有用性の検討、2017、医学と薬学 4月号

    関連製品:Code No. BS-NK006ND, BS-NK007ND, BS-LK008ND, BS-LK009ND

  • 学会発表

    松澤 峻、黒澤 信幸、磯部 正治、抗原特異的単一形質細胞由来抗体効率単離システムを用いた研究用試薬シーズ抗体の開発、2017、北陸ライフサイエンスクラスター推進協議会(ポスターセッション)

  • 論文発表

    Hozumi H, Fujisawa T, Enomoto N, Nakashima R, Enomoto Y, Suzuki Y, Kono M, Karayama M, Furuhashi K, Murakami A, Inui N, Nakamura Y, Mimori T, Suda T. Clinical Utility of YKL-40 in Polymyositis/dermatomyositis-associated Interstitial Lung Disease. J Rheumatol. 2017 Jul 15.

    PMID:28711881

    関連製品:Code No. CY-8088

  • 論文発表

    Sahoo A, Lee B, Boniface K, Seneschal J, Sahoo SK, Seki T, Wang C, Das S, Han X, Steppie M, Seal S, Taieb A, Perera RJ. MicroRNA-211 regulates oxidative phosphorylation and energy metabolism in human vitiligo. J Invest Dermatol. S0022-202X(17)31491-4. 2017

    PMID:28502800

  • 論文発表

    Lee B, Sahoo A, Marchica J, Holzhauser E, Chen X, Li JL, Seki T, Govindarajan SS, Markey FB, Batish M, Lokhande SJ, Zhang S, Ray A, Perera RJ. The long noncoding RNA SPRIGHTLY acts as an intranuclear organizing hub for pre-mRNA molecules. Sci Adv. 3(5), 2017

    PMID:28508063

  • 論文発表

    特集:がんの悪性度診断「DNA複製装置と増殖関連抗原」
    臨床と病理 Vol.9, No.7, 1991年 文光堂
    玉井克之
    Special Articles Malignant Potential of Cancer Determined by Proliferative Activity. DNA Replication Apparatus and Growth Related Antigen in Eukaryotic Cells.

  • 学会発表

    髙田 真未林 聖子、TACAS固定培養細胞株を用いたベンチマークシステムによる免疫細胞化学染色への応用、2015、第54回日本臨床細胞学会秋期大会

  • 1
  • 2
  • 3
PCサイトを見る