IR情報

トップページ > IR情報 > ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

情報開示の方針

当社は株主・投資家の皆様に対し、透明性、公平性、継続性を基本とし、金融商品取引法及び証券取引所の定めるルールに準拠した情報の開示に努めます。また、当社グループを理解いただくために有効と思われる情報についても積極的な開示を行ってまいります。

情報開示方法

適時開示情報伝達システム(Tdnet)、ニュースリリース配信、記者説明会、証券アナリストならびに個人投資家向け説明会等様々な情報伝達手段を活用し速やかな開示に努めます。また、当社ホームページにも遅滞なく同一情報を掲載するよう努めます。

業績予想および将来の予測に関する事項

当社では、当社および関係会社の将来の見通しに関する情報を提供する場合があります。これらは一定の前提のもとで作成された将来の見通しであり、様々な不確定要因により予想とは異なる結果になる可能性があります。

沈黙期間について

当社は決算情報の遺漏を防ぎ、公平性を確保するため、原則として本決算では決算発表日の3週間前、第1,2,3四半期決算においては決算発表日の2週間前から決算発表日までの期間を「沈黙期間」に設定しております。この期間は、決算に関する質問への回答やコメントを差し控えることとしております。ただし、沈黙期間中であっても適時開示規則に該当する事項が発生した場合は、開示規則に従い適宜情報開示を行います。

最新IR資料
PCサイトを見る