会社案内

トップページ > 事業紹介

事業紹介

当社の事業領域

臨床検査薬事業

 当社の体外診断用医薬品の新規保険収載品数は国内トップを誇っています。患者数の多い疾患だけでなく、希少疾病や難病の検査薬の開発にも積極的に取り組んでいます。また新規測定系の検査薬開発も積極的に取り組み、臨床検査の効率化・自動化に貢献しています。
 さらには、がんや感染症などの遺伝子検査薬、投薬を始める前に行う検査で使われるコンパニオン診断薬の開発など、患者様一人ひとりに合わせた治療を行う個別化医療分野の開発にも取り組んでいます。

ライフサイエンス・トランスレーショナル
リサーチ(LSTR)事業

 将来の臨床検査薬シーズの提供を目的として、アカデミア(研究機関)や製薬企業と連携し、疾病と関連した基礎研究用試薬(LSTR※製品)の開発に取り組んでいます。

※LSTRとは、臨床検査薬を指向した基礎研究用試薬開発、製品化を指しています。

臨床検査薬と体外診断用医薬品

医療において、疾病の診断等に使用される医薬品等の総称を臨床検査薬といいます。 臨床検査薬のうち、疾病の診断に使用されることが目的とされているものは医薬品として扱われ、体内診断用医薬品と体外診断用医薬品に分類されます。 「体外診断用医薬品」は、人体に直接使用されないもので、血液、尿など、人に由来する試料を用いて、その試料中の特定の物質を検出、測定するものです。

PCサイトを見る