会社案内

トップページ > 事業紹介 > コア技術

コア技術

当社では創業当時からの抗体作製技術に加え、
遺伝子操作技術、タンパク質発現/精製技術を活かし、
体外診断用医薬品や基礎研究用試薬などの製品開発を進めています。

抗体取得技術

 従来からの抗体作製技術に加え、より高品質な特異抗体取得の手法として、一つの抗体産生Bリンパ球から直接抗体遺伝子を抽出してリコンビナント※1抗体化するシステムを導入・確立しております。この技術では理論上非常に高い確率で目的抗体産生遺伝子を得ることが可能であり、従来のハイブリドーマを用いたモノクローナル抗体作製法の数十倍の効率化が期待されます。効率的に多種の特異的抗体を獲得出来ることは各種測定系に最適な抗体を選択する上で非常に大きなメリットとなります。

抗体生産技術

 当社での抗体作製/精製/加工技術は動物血清由来のポリクローナル抗体からスタートし、マウスモノクローナル抗体の時代を経て、現在ではリコンビナント抗体の世代となっています。リコンビナント抗体技術は飛躍的な生産性の向上とコストダウンを実現するものです。安価かつ高品質な抗体の量産化は製品の競合力を大幅に増強します。

タンパク質生産技術

 当社の基幹事業である自己抗体※2測定試薬においてリコンビナント抗原タンパク質の発現/精製技術は非常に重要です。
 当社は大腸菌、昆虫細胞、哺乳類細胞などの発現系から、性能、生産性、経済性などで最も適したものを選択して使用しています。また、タンパク質精製では精製用タグ配列に対する自社抗体を利用したアフィニティー精製、液体クロマトグラフィーによる精製などを駆使し、より高品質、高純度な製品を目指しています。

臨床検査薬開発

免疫学的検査薬

 抗体、タンパク質作製技術を活かし、よりユニークな体外診断用医薬品や将来的に体外診断用医薬品に繋がる測定系の開発を進めています。
 2010年には従来からの酵素免疫測定法(ELISA法)に加え、化学発光酵素免疫測定法(CLEIA法)の試薬を市場投入しました。これにより測定の全自動化と測定時間の大幅な短縮が実現され、現在の主力商品となっています。
 また、より汎用性の高い測定系としてラテックス凝集試薬の開発にも注力し、項目によってはELISA法に迫る検出感度を実現しています。

遺伝子検査技術

 当社では、核酸の抽出から検出までをサポートする数多くの試薬を開発しています。特に、複数の遺伝子を同時に解析するPCR-rSSO法(xMAP®(Luminex®)法)を用いた体外診断用医薬品を多く提供してきました。また、近年ではリアルタイムPCR法、次世代シークエンス技術、デジタルPCR技術など、最先端の技術を取り入れ、がんや感染症などの診断の補助に有用な遺伝子情報を迅速・高感度に検出する試薬を開発しています。これらの試薬により、患者様ごとの最適な治療方針決定や薬剤選択など、個別化医療に役立つ情報を得ることが可能となります。


基礎研究用試薬

 医療を含む科学分野では様々な基礎研究用試薬が使用されていますが、当社では前述のコア技術を活かしてこの分野の製品群の開発も行っています。この領域では各種の特異的抗体、新規バイオマーカーのELISA測定系、薬剤スクリーニング用の酵素活性測定系、免疫機能検査試薬(MHCテトラマー)、蛍光タンパク質関連試薬など多岐に渡る製品開発を行い、その中から将来の臨床検査薬候補の探索も進めております。

※1 リコンビナント:遺伝子組み換え
※2 自己抗体:自己免疫疾患でみられる自己由来の成分(自己抗原)に反応する抗体

PCサイトを見る